1. 望月印刷
  2. スタッフブログ
  3. 第一回しいたけパーティーを開催しました!

第一回しいたけパーティーを開催しました!

2020年03月18日

去る2月、第一回しいたけパーティーを開催しました。
主役は私HM(望月印刷ではコピーライター兼企画・ディレクションを担当)ではなく、自分で栽培した“しいたけ”。
端的に表現すると、『自分で育てたしいたけを料理して友達と食べよう!』という完全プライベートの会です。

しいたけを育て始めたきっかけなのですが、ずっと家で何か育てて収穫してみたいと思っていたものの、手間がかかるのは嫌だなぁ…と思い躊躇していました。
でも、しいたけの栽培はとても簡単で、栽培ブロックが乾燥しない程度霧吹きで水をあげるだけ。それを知った途端、私はAmazonの購入ボタンを押していました。

普段の生活の中では、努力した結果がすぐに表れるわけではない上、理不尽なこともしばしば起きますが、しいたけは違います。
日々目に見える速さですくすくと育ち、たったの2週間で収穫できるサイズに。
私もストレスゼロで、なんと100個ほどのしいたけを収穫できました!

収穫が終わったら、いよいよしいたけパーティー本番です。
会場となるのは、都内に住む友人の家。
大量のしいたけをカバンに入れているのを知らない人に気づかれたら怪しまれるんじゃないかとちょっとドキドキしましたが、何事もなく無事に到着。

作るのは、キムチ鍋とアヒージョの2品です。
クセの強い組み合わせですが、市販の素を使えばあっという間にできるので便利。
特にアヒージョは、オリーブオイルとしいたけに、肉やエビを入れて煮るだけでオシャレ感が出るので最強です!

肝心のしいたけは、キムチとオリーブオイルという強烈な個性の中で、
なお芳醇な香りを放ち、いつも食べていたしいたけの10倍くらい濃厚な味わいでした。
友人たちからも「しいたけってこんなに味がするんだ」「今まで食べたなかで一番おいしい」と大好評。
しいたけのおかげかとても盛り上がり、賑やかにしいたけパーティーは閉幕しました。

ところで、楽しく癒されるしいたけですが「しいたけを育てている」ことにフックがあるようで、話題作りのきっかけになり、コミュニケーションツールとしてかなり役に立ちます。
嫌いな人には嫌いなりの理由があり(小学生の時に食べた給食のしいたけがマズかったなど)、それを聞くのもまた楽しいです。

ぜひ皆さんもしいたけを育てオリジナルのしいたけパーティーを開催し、大切な人たちとの仲を深めてみてください!

写真①/収穫前のしいたけ
写真②③/ボリュームたっぷりのアヒージョ
    
※下の写真のサムネールをクリックしてください。
 大きな写真が表示されます。

  • 第一回しいたけパーティーを開催しました!
  • 第一回しいたけパーティーを開催しました!
  • 第一回しいたけパーティーを開催しました!

スタッフブログ