望月印刷株式会社 会社案内+プラス
10/20

 9■個人情報や機密に関する契約■データ預かり(手渡し厳守)■見積り提出 ■納期確認■機密・CPデータ管理(施錠棚にて厳重保管/ 破棄時はシュレッダー使用)■預かり原稿管理(原稿袋/確認印)■DTPデータ管理(社内LAN限定)■作業データ・下版データのバックアップ■Wチェック・内校正■校正チェックリスト・下版チェックリストの使用■過去のミスロス情報の添付■製本課チェックシート■第三者確認 ■校正紙の返却正しく理解できているか?□原稿や情報の管理・受け渡しは適正に行われているか?□受注内容を確認のうえ、的確な作業指示がなされているか?いるか?□デザイン・組版・修正などの作業手順やデータ管理は適正に行われているか?□お客様からの預かりデータや原稿は適正に管理されているか?□ミスロス対策は万全か?■原稿特性(入力/支給)に合わせた校正対応 ■句読点・固有名詞チェック■青字チェック(赤字指示以外の気づき)による お客様へのフィードバック■余剰印刷紙の廃棄(印刷終了後)■印刷課チェックシート■刷り出し前の確認■納品・請求・受領書の発行■原稿の返却一歩」先までチェックできているか?□校正紙の取り扱いは適正に行われているか?るか?□ヨゴレ、見当ズレはないか?□印刷物の管理は適正に行われているか?行われているか?受 注デザイン・DTP校 正印 刷製 本納品・発送「情報・品質管理」と「お客様満足実現」のための管理システム(チェックポイントと具体策)営業部門□印刷物の制作目的やお客様の要望がプリプレス部門□お客様の想いはデザインに反映されて製本部門□作業指示書に沿っているか?□乱丁・落丁はないか?□余剰分の製品管理は適正か?□数量は管理されているか?□包装形態は適正か?品質保証と情報管理初代社長がスローガンに掲げた「確かな品質、確かな信頼」。望月印刷では、創業時から受け継ぐ“ものづくり”への想いを胸に、徹底した品質保証と情報管理で、お客様からお預かりした情報を守り、価値を高め、確かな品質でお客様との信頼関係を築きます。プリプレス部門□原稿にモレはないか?□文字校正は、お客様の気付かない「もう印刷部門□作業指示書に沿っているか?□色の再現性がお客様の要望に合ってい営業部門□お客様の要望と内容が合っているか?□納期は守られているか?□部数に間違いはないか?□発送代行のためのデータ管理は適正にお客様に確かな品質と確かな信頼をお約束するために

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る