望月印刷株式会社 会社案内+プラス
18/20

○○○○17被災対応マニュアル災害対策マニュアル受注・発注・進行・在庫・売上・管理名簿管理代行業務経理業務給与業務DTP制作CTP関連基幹管理責任者基幹管理責任者総務部長総務部長デジタル事業部長デジタル事業部長EPC-JAPANの相互協力体制災害等により事業継続が困難な状況に陥った場合、全国15社のメンバー会社の中で代行印刷を行います。管理責任者◎貸金庫○中核事業に関する情報と管理体制(事業継続のためのバックアップ体制)情報名業務システムデータ同窓会名簿システムデータ会計システムデータ給与データ制作データRIPデータ関連する社内業務バックアップの有無[福岡県] ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社[岐阜県] サンメッセ株式会社[滋賀県] アインズ株式会社[京都府] 大平印刷株式会社[愛媛県] セキ株式会社[長野県] カシヨ株式会社[兵庫県]株式会社研文社[北海道] 株式会社アイワード[宮城県]株式会社ユーメディア[新潟県]株式会社第一印刷所[福島県]株式会社日進堂印刷所[埼玉県] 望月印刷株式会社[東京都]グラパックジャパン株式会社[東京都] 欧文印刷株式会社BCP策定への取り組み2011年3月に発生した東日本大震災では、幸いなことに当社では人的、事業的ともに被害を受けることはありませんでした。しかし当社が所属するEPC-JAPAN(全国15社の中堅印刷会社で構成された事業協同組合)のメンバー企業が、被災により事業継続が困難な状況に見舞われたことからリスク対策への重要性を痛感。2012年10月、第1版のBCPを策定し、運用を開始しました。事業特性をふまえ地域社会と連携しながら毎年5月に見直しを実施し、お客様への安心と従業員の安全の確保に向け、より一層の充実と改善を図ってまいります。EPC-JAPANでの相互協力体制東日本大震災時、当社が所属するEPC-JAPANのメンバーの1社で宮城県仙台市にある(株)ユーメディア様が被災により機械を動かすことができなくなり、当社をはじめメンバー数社が代行印刷を請け負い、事業の継続を支援しました。EPC-JAPANではこの東日本大震災での学びと教訓を活かし、「被災対応マニュアル」「災害対策マニュアル」を制作。会社を超え、全国ネットワークで迅速な連携がとれるよう体制の強化を図りました。こうしたEPC-JAPANによる全国レベルでの相互協力体制を図り、エリア全体で大きな被害があった場合でもお客様の事業計画への影響を最小限に抑える、リスクマネジメント体制を整えています。[石川県] 高桑美術印刷株式会社基幹データバックアップ望月印刷では万が一の災害に備え、主幹部門において中核事業に関する基幹データのバックアップを実施し、データの消失防止、迅速な復旧が可能な体制をとっています。なかでも名簿システムデータについては、個人情報の正確性及び安全性確保のため、金融機関の貸金庫による万全のセキュリティ対策を講じています。Close Up 1 BCP(事業継続計画)緊急時に備え、お客様への安心と従業員の安全を確保するリスクマネジメント体制の構築を

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る