望月印刷株式会社 会社案内+プラス
19/20

+CSR望月印刷では、中小企業におけるCSRへの取り組み支援とお客様価値向上を目的に、CSR開示型企業PRツール「会社案内+(プラス)」の開発提案に取り組んでいます。CSRコンサルタントの協力のもと、自社のCSR経営経験とメディア産業のノウハウを融合させた本ツールは、中小企業にフィットした身近なCSR開示ツールとして、ステークホルダーに広くお客様の魅力を伝えるお手伝いをいたします。 「CSRはこんなに経営に活かせるのか」。さいたま市CSRチャレンジ企業への取り組みにあたり最も意外だったのは、自社の強み、弱み、課題が浮かびあがってきたことでした。CSRは「奉仕」の印象が強く、大手企業に比べより厳しい経営環境にある中小企業にとっては、どうしても敬遠されがちです。しかしCSRの本質は“事業の正当性”を問うものであり、CSRへの取り組みの開示はすなわち「企業価値の証明」につながるのだということを、自社の経験から強く実感しました。ぜひ「もう一歩」進んだ企業PRツールとして、「会社案内+(プラス)」をご活用いただき、お客様の価値向上にお役立てください。わが国では【CSR活動=大企業の活動】というイメージを持つ人が多いのですが、CSRは「企業の社会的責任」と訳されるように、本来全ての企業が担うものです。日本の企業の99%が中小企業である以上、社会問題や環境問題の解決、つまりCSR活動の本当の主役は大企業ではなく、中小企業だといえます。望月印刷さんでは自覚的なCSR活動に取り組むとともに、そのCSR活動を表面的な社会貢献活動だけで終わらせず、「会社案内+(プラス)」のようにCSRニーズの事業化に取り組み、さいたま市のCSR施策の【CSR=経営そのもの】という考え方に沿った経営を進めているといえるでしょう。通常CSRコンテンツはCSR報告書の形でまとめるのが一般的です。CSR報告書はステークホルダーとの接点の後半で使われるものですが、今回は会社案内にCSRコンテンツを取り込む、という方法をとっています。会社案内は顧客などの社外のステークホルダーとの最初の接点で使うものです。最初の接点で自社のCSRのあり方を知ってもらうということは、CSRの実践状況を基準に取引先を選定する「CSR調達」や市民セクターとの協働による社会問題などへの取り組みにとってプラスになることが期待できるでしょう。業態に合わせたセールスに結びつく要素ステークホルダー視点に立った企業価値をアピールする要素会社案内パートこれまでのCSR要素に加え新たに抽出した企業としての魅力やCSR視点で必要と思われる要素2012年11月9日、自治体が中小企業のCSRに関する取り組みを直接認証する制度としては、さいたま市が全国初となる「平成24年さいたま市CSRチャレンジ企業」に認定されました。允治社 代表CSRコンサルタントさいたま市CSR推進会議委員泉 貴嗣 様1818現在の会社案内CSR要素望月印刷株式会社取締役 営業部長神藤 仁新たなCSR要素CSRパート本取り組みについてClose Up 2 本業を通じたCSRへの取り組み会社案内自社の強みや課題を明確化できる、企業力をプラスに導くツールとして第三者からのご意見CSR開示型企業PRツール 「会社案内+(プラス)」 による中小企業のCSR取り組み支援で、地域経済の発展を推進

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る